2014.01.08
Blog Information

明けましておめでとうございます!!

みなさま、明けましておめでとうございます。

今年も日本と北欧の架け橋となり、旬な情報をお届けしていきます。

どうぞ宜しくお願い致します。

スタッフ一同

2013.12.25
Blog

MERRY CHRISTMAS !!

スウィディッシュライフスタイルのマーチンです。

みなさま、素敵なクリスマスをお過ごしください。


スウェーデンの自宅のX’mas tree


家族でスキーへ

2013.12.18
Blog

地域ごとに違うスモーガスボード



スウェーデンのスモーガスボード(smörgåsboard)は、ちょうど今、クリスマスを迎える時期のハイライトと言えます。しかし、そのメニューに南北で違いがあるということはあまり知られていないのではないでしょうか。写真のスモーガスボードは、海産物が豊富な南部のものです。お試しあれ!

2013.12.13
Blog

スウェーデン便り~京都旅行編~

みなさん、こんにちは。

スウィディッシュライフスタイルのマーチンです。

ストックホルムは長い冬時間が始まり、クリスマスのイルミネーションでさらに幻想的です。

先日、週末を利用して京都へ行ってきました。


いざ京都へ。


富士山!!





美しい!!舞妓さん


何度か京都は訪れていますが、紅葉の季節はいつ行ってもいいですね!

次回もまたお楽しみに~

2013.12.11
Blog

グラフィティは芸術か?


 

スウェーデンで現在、最も議論を呼ぶアーティストと言っても過言ではない、グラフィティ・アーティストNUG。スウェーデンの文化省において議論を巻き起こしたり、「グラフィティは技術か、器物破損か?」という疑問でアート・ギャラリーを揺るがしたりなど話題には事欠きませんでした。最近になって、そんなNUGについてフォーカスを合わせたドキュメンタリー番組が、国営放送SVTで公開されました。


ドキュメンタリー映像はこちら >>

2013.12.06
Blog Information

STUTTERHEIM 来日!!

みなさま、こんにちは。

東京はカラッとしたいい天気が続いていますが、すっかり空気は冷たくなりましたね。

すっきりとした冬の空はとても気持ちがいいものです。

 

先日、スウェーデンコードブランドの”STUTTERHEIM“のCEOジョン氏が来日しました!!

はじめての日本でのミーティングはとても内容の濃い時間となりました。

 


 


 

 

 

2013.12.03
Blog

ペーパークラフト!



 

グラフィックデザイナー、フィデリ-スンドクビスト(Fideli Sundqvist)が『i love paper』という、自身の様々な作品を紹介した写真集をリリースしました。スウィードナビのスタッフが説明することも出来ないような素晴らしいペーパークラフトの世界をご覧あれ。

フィデリ-スンドクビストの公式ページはこちら。>>

2013.12.02
Blog

スウェーデンの音楽シーンから

みなさん、お久しぶりです。

いかがお過ごしですか? スウィディッシュライフスタイルのマーチンです。
今回は最近、スウェーデンミュージックシーンで話題のノルウエーバンド” Ylvis “を紹介したいと思います。

彼らはプロのコメディアンで、プロモーション用に作った曲が大ヒットし、一躍世界的に知られるコンビとなりました。

是非彼らのちょっとユニークなサウンドを聴いてみてください! >> LINK

 

 

2013.11.20
Blog

気軽にダイニング



ストックホルムには味に定評のある有名レストランが多く点在しますが、気軽に外食を出来る価格でないのもまた事実です。友達と外食に出かけることも、それほど頻繁には出来ないのが現状です。そのためか、自宅で夕食を作って招くことが文化として定着しています。しかしニートリェット6番(Nytorget6)に新しくオープンしたレストラン、クヴァテーシュクローガー(kvarterskrogar)はその文化を変えようとしています。
写真:Nytorget 6

Here is the link to the restaurant>>


2013.11.19
Blog

スタッフ便り ~バースデーパーティー~

こんにちわ!!

みなさん、紅葉が一段ときれいな季節になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

今日はスタッフの誕生日会をランチに開催しました!!

実はなんと11月の誕生日が4人いるのですが、2組ずつ同じ日に誕生日という奇跡!!

オフィスでケータリングを頼んだのですが、料理の美しさに感動でした☆☆

 


 

プレートの周りの野菜やフルーツもすべて食べられるのですが、なんだかスケッチブックのようで、食べるのがもったいないくらいでした。

ケータリングのお店:chioben >>リンク

 

 

Archive

Brands